サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

事例紹介さくら情報システムが導入企業様と一緒に
取り組んでいる事例の一部をご紹介します。

  1. 不動産会社B社様様
会計

財務会計システム導入で、
作業工数の大幅削減を実現

新システム導入で、入金消込み率が20%→90%と
飛躍的に向上

不動産会社B社様様

2001年より稼働している財務会計システムの保守サーバー更新と、金融商品取引法に基づくJ-SOXへの対応強化を目的に、Oracle EBSソリューションの導入によるシステムの大幅なリニューアルを実施。合わせてアクセスログの管理やドキュメント整理による業務改善を推進。

サーバーの保守期限を前に、J-SOX対応強化や業務改善を目的にOracle EBSを導入

B社様とは、2000年からお取引をさせていただいています。2001年の財務会計システムの導入時にも、オラクル社のERPパッケージであるOracle EBS(※ Oracle EBSは、Oracle E-Business Suiteの略称です。)の導入とその後のグループ展開の支援や、2004年のハードウェア入れ替え作業も担当させていただきました。
その後2007年、翌年に控えたサーバーの保守期限切れを前に、現状のシステムを全面的に見直すプロジェクトが新たに立ち上がりました。
具体的にはJ-SOXへの対応強化や、更なる業務改善が今回の目的です。これまでのシステムはドキュメント類が殆ど整備されておらず、システムの運用管理をより複雑なものとしていました。
そこで今回のプロジェクトでは、システムドキュメントを整備し、内容を容易に把握できるようにすることも大きな目的の一つとなりました。

アクセスログの自動取得・分析機能の導入やドキュメントの整理等で時間をかけて対処

機能的な面では、まずJ-SOXへの対応として新たに「アクセスログ」を自動的に取得し、分析する仕組みを導入しました。また業務改善に対する取り組みとしましては、システムに関する全てのドキュメント類の整理を行いました。その上で、業務フローの見直しを進めるとともに、システム構造のシンプル化、伝票処理や経費精算などの操作性の簡易化を行いました。
今回、従来のシステムの大幅なリニューアルを行いますが、その一方で従来のやり方に慣れ親しんだユーザーに対する配慮も必要です。そこで、現状維持すべき部分は維持しつつ、変えるべきところは大胆に変える見極めが大きなポイントでした。そのため、お客様とは密に接してすり合わせ作業に時間をかけて取り組んできました。

自動消込み率が大幅に向上。作業工数の削減や管理の容易化を実現

Oracle EBSソリューションシステム稼働後、目に見える大きな成果としては債権の自動消込み率が大幅に向上しました。
今回のシステム改善によって、従来の20%から90%に自動消込率が高まり、同時に入金チェックの作業工数は大幅に削減されたのです。
またドキュメント類の整理などによって、実際に管理運用する担当者の方にとりましても、従来より容易にシステム全体を見通しながら管理することが可能になりました。そのほか経理処理におけるパフォーマンスを改善したことで、社員の方から処理に対するレスポンスがよくなったという声も届いています。

さらなる運用管理コスト削減を目指し、各種機能の改善を推進

新システム稼働後の現在は、引き続き保守運用やヘルプデスクを行なっています。お客様からは更なる運用管理コストの削減を求められていますが、業務運用やシステム機能の改善をさらに推進する事でお客様の要望に応えて行きたいと考えております。また、ERPパッケージの新機能をフルに活用する改善策につきましても順次検討を進めているところです。

豊富なERP導入実績で、お客様にとってのベストソリューションを提案

当社ではSAPやオラクルなどのERPビジネスに力を入れており、数多くの導入実績を有しております。また今回ご紹介したOracle EBSソリューション導入ケースのように、財務会計領域のシステム提案から開発、導入後の運用保守に至るまでをトータルサポートする体制が整っています。
財務会計以外にも、生産、販売、購買を含めたビッグバンのERP導入や、現在稼働しているシステムのバージョンアップをお考えの方はぜひ一度当社にご相談ください。きっと御社にとっての「ベストソリューション」をご提供できると確信しております。

※ Oracle、Oracle E-Business Suiteは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標又は商標です。

取材協力

不動産会社B社様

オフィスビルから住宅まで幅広く事業展開するB社。国内だけでなく海外における不動産事業にも豊富な実績をもち、グローバルに事業を展開している。

さくら情報システム 担当者

営業本部
営業第2部
営業グループ
部長代理
池田 雅一

開発本部 開発第1部
ERPソリューション
第1グループ
リーダー
高久 和男

開発本部 開発第1部
ERPソリューション
第1グループ
池永 雅之

※ 掲載内容、法人名、所属部署、肩書きなどは 取材当時のものです。

関連事例

  • 株式会社新生銀行様会計

    財務会計システムをOracle EBSで刷新約1年での短期間導入を実現

    「事業環境を取り巻く変化への対応」、「決算早期化」、「業務の効率化」という課題に対応すべく、従来システムの老朽化を契機に財務会計システムをOracle EBSにて刷新。約1年での短期間導入を実現。業務効率化、制度変更への対応や管理会計・連結会計業務効率化の仕組みを整備。

    株式会社新生銀行様

資料請求・お問い合わせはこちら

インターネットからの資料請求

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業本部03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)