サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

事例紹介さくら情報システムが導入企業様と一緒に
取り組んでいる事例の一部をご紹介します。

  1. 素材メーカーC社様
人事・給与

立上げから5年。
さらに成長し続ける
シェアードサービスセンター

ASPのメリットを活かし22社6,000名規模の
人事給与業務を一括管理

素材メーカーC社様

経営資源の効率化を図るべく、グループの人事給与業務を一括運用するため、2004年より、さくら情報システムのHRAサービス(人事総合ソリューション)をご利用いただき、シェアードサービスセンターを運用。対象は国内外にグループ22社6,000名規模。ASPのメリットを活かすと共に、定期的に業務改善を重ねることで、さらなる効果を享受

グループ22社6,000名規模のシェアードサービスセンターを設立

C社グループ様では、各社が個別に人事給与システムを保有し運用していましたが、経営資源の効率化を図るべく、本社内にシェアードサービスセンターを設立し、国内グループの業務を一括運用する方針としました。
グループ全体の人事データを一元管理するスキームを構築するにあたり、当初は、すでにグループでの導入を決定していたERPパッケージを人事給与業務にも適用すべく検討されてましたが、要件にフィットせず断念。以降、自社開発や他のパッケージ導入など、さまざまな選択肢を検討される中で、ASPのメリットを高く評価いただき、弊社の「HRAサービス」をご用命いただきました。
シェアードサービスセンター設立にあたり、現状の業務分析をした上で、C社グループ様としてのTO-BEモデルを共に検討し確立しました。
以降、約一年を経てグループ11社に導入。その後、3つのフェーズに分け、段階的にグループ会社様を取り込んでいきました。
2010年3月現在、22社6,000名規模の人事給与業務を一括して処理されています。

ASPにより、お客様がコア業務に集中できる環境をご提供

ASPの主なメリットは、2つあります。
サーバ等の資産をお客様が保有する必要がないこと。
アプリケーションのメンテナンスをお客様が行なう必要がないこと。
特に、法改正の多い人事給与システムにおいて、法改正対応の適用など、お客様側でのメンテナンスが不要である点は、ASPサービスの大きなメリットであり、実際に魅力を感じていただいています。
また、近年は個人情報保護、情報漏洩対策など、セキュリティに対する万全な対策が求められる時代です。自社だけで対応するには、コストも労力も大変な負担となりますが、こうした対策を安価にご利用いただける点も、ASPが評価される一面です。
ASPを利用することで、手間のかかる付加価値の低い作業を大幅に削減し、人材育成や人事制度設計といった本来行なうべきコア業務に集中できる環境を実現することができます。

機能改善とアドオン機能でさらなるサービス向上を実現

導入して5年。この間、システムを徹底的に使い込み、グループ管理や一括処理等、特にシェアードサービスセンターとしての視点から、多くの改善点を浮き彫りにしていただきました。
弊社の「HRAサービス」で提供している東芝ソリューションの人事給与パッケージGeneralistは、すでに1,100社以上の導入実績(2009年9月現在)を誇り、豊富な機能を有していますが、パッケージとして実現可能な点については、製造元へリクエストし改善を実施。一方、独自機能については、弊社と共に要件を作り上げ、アドオン機能として実装しています。
ASPサービスであっても、お客様ごとの個別のニーズをアドオン機能で実現できるところが、当社の「HRAサービス」の特徴のひとつであり、中小企業様に限らず、大企業様からも支持される所以です。
また、お客様からの声をパッケージに活かすための仕組みも確立されています。
C社様は、導入以降も意欲的に改善を継続されており、まさに成長し続けるシェアードサービスセンターと表現するにふさわしいと思います。

信頼関係とパートナーシップが改善継続の鍵

お客様の業務を効率的に改善するには、それを実現するパッケージの仕組みや特性を熟知した上で、システム化の構想を練る必要があります。
一方、お客様の個別要件やリクエストを具現化するには、その目的を共有すると共に、実業務に精通する必要があります。
お客様とベンダーが目標意識を共有しながら互いの立場を尊重し、深い信頼関係の上に力をあわせることが、継続的な業務改善を成功させる鍵となると考えています。

豊富な経験と実績で、お客様の成長をお手伝いします

最近注目されているSaaSやクラウド時代をにらみ、2002年に人事給与システムのASPサービスである「HRAサービス」を開始。同時にアウトソーシングサービスであるBPOサービスを提供しております。弊社は、1972年の設立当時より受託給与計算業務を行なっており、人事給与業務において長い実務経験を有しています。
自社内にBPOサービスを持つことで、システムを提供するだけでは分からない、お客様と同じユーザの立場での気付きや課題を共有することができます。
シェアードサービスセンターの設立をはじめ、業務改善に伴うシステム導入、経営統合に伴うシステムの刷新など、豊富な経験と実績で、お客様の成長をお手伝いいたします。

Generalist(R)は東芝ソリューション株式会社の登録商標です。

取材協力

素材メーカーC社

国内外に複数のグループ会社を保有するC社。
素材メーカーとして、資源事業・精錬事業・材料事業で、研究、開発を続けている。

さくら情報システム 担当者

営業本部
営業第1部
営業グループ
1チーム
主任コンサルタント
萩原 健一

HRS事業部
システム開発
グループ
リーダー
佐藤 紀彦

HRS事業部
システム開発
グループ
長谷川 晶子

HRS事業部
システム開発
グループ
高井 聡子

※ 掲載内容、法人名、所属部署、肩書きなどは 取材当時のものです。

関連事例

  • 株式会社サンエー・インターナショナル様人事・給与

    人事システムの整理・集約と対応窓口の一元化を行い、人事部門がコア業務に集中できる環境を実現

    人事データベースをオープン化し、ニーズに応じてシステム化を行ったことで、様々なサブシステムやサーバーが存在していた。そこでさくら情報システムでは、業務体制に合わせてシステムを整理し、構築や運用保守及びベンダーとの連携業務を可能な限り集約することをご提案。人事担当者が人事のコア業務に専念できる環境を目指して人事システムの改善に取り組む。

    株式会社サンエー・インターナショナル様

  • 株式会社ベネッセコーポレーション様人事・給与

    ASPシステムと人事業務BPOを同時に構築し、新しい人事体制を実現

    岡山本社の人財部での給与関連業務の契約社員の契約終了に伴い、業務を整理・改善し、人財部の拠点を東京本部へ集約することを決定。HRAサービス(人事総合ソリューション)を導入し、社内で運用保守していたシステムをASP化と人事業務のBPO化を行い、人財部内の効率化をはかり新たな体制を整備。

    株式会社ベネッセコーポレーション様

  • エネルギー系特約店A社様人事・給与

    統合に伴う人事システム刷新で、業務効率化・コスト削減を実現

    経営統合に向け、大幅な社員増加に対応できる新たな人事給与システムや電子申請システムを導入するプロジェクトで、期間は半年間。導入による社員サービスの向上、人事部門の運用管理負担やコスト削減が大きな目的。システムメンテナンス不要のASP方式によるHRAサービス(人事総合ソリューション)をご提案。

    エネルギー系特約店A社様

  • 日本大昭和板紙株式会社様人事・給与

    「見える化」で効率化、コスト削減、負担軽減を実現

    異なったシステムで運用されていたグループ関係会社の管理系システム(人事・給与・会計)及び業務系システムの共通化を目指す。そのため今回、ASP方式によるHRAサービス(人事総合ソリューション)をご提案。現時点で5社のシステム共通化を達成している。

    日本大昭和板紙株式会社様

資料請求・お問い合わせはこちら

インターネットからの資料請求

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業本部03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)