サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

金融・保険コラム

  1. コラム
  2. 金融・保険コラム
  3. 業務知識を身につけて業務ロジックの本質に迫る

業務知識を身につけて業務ロジックの本質に迫る

2017/02/14

上野 孝上野 孝

  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 生命保険業務

前回は「プロジェクトを成功に導くことができるAPSとは、業務知識を備えた人である」
という言葉で締めくくりました。
では、「業務知識を備えた人」になるには何をしたらよいのでしょう?

私は当社の資格制度で、「生命保険」の業務分野でプロフェッショナルとして認定を受け
ております。従って、今回は、私自身がどのようにして業務知識を身につけてきたかにつ
いて少し具体的に述べてみたいと思います。

生命保険会社の業務は主に以下に大別することができます。
基幹業務
 
「新契約業務」「保全業務」「保険金業務」「収納系業務」「資産運用」「団体/企業」
バックオフィス業務
 
「営業支援業務」「経理/会計」「人事(内勤、外勤)」

この中で、特に私が知識を持っているのは、「保全業務」と「保険金業務」です。
この業務を更に細分化すると、『異動』というものがあります。某生命保険会社のシステ
ム構築で、基本構想~本番運用までの工程に携わった際には、「保全業務」の『解約異動』
と「保険金業務」の『死亡異動』の2つの『異動』を担当しました。

当時の開発工程の一つに、現行業務の分析がありました。『解約異動』、『死亡異動』の
各業務ロジックと保険商品・保険事務との関係を整理するために左手にアプリケーション、
右手に「商品約款」と「事務手順書」を置きながら作業を進めました。
なぜならば、アプリケーションの大部分が業務ロジックで構成されており、そのロジック
の根拠となるものは「商品約款」と「事務手順書」にあるからです。特に「商品約款」に
関しては、過去分を含めて全商品について可能な限りロジックの根拠・関係性を追いかけ
ることに尽力しました。その結果として、約款・事務手順書に記載されているすべての事
柄の理解を深めることになり、さらに、業務ロジックの本質(何の為にそのロジックがあ
るのか?)を知ることができたと自負しております。

業務ロジックの本質を知ることで、業務知識を身につけることは勿論、業務システムにつ
いても理解を深めることができたと言えると思います。

著者プロフィール

上野 孝

上野 孝

開発本部 金融ソリューション第2部 金融ビジネス第1グループ グループ長

保険のシステム開発に関わって約20年、これまで延べ12社の開発、保守、社員支援を行ってまいりました。また、アプリケーションスペシャリストとして、システム開発だけでなく専門的な業界知識も蓄積してきました。現在も、その中で得てきたノウハウを活かし、お客様のIT部門を中心に支援推進中です。

資料請求・お問い合わせはこちら

インターネットからの資料請求

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業本部03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)