サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

ITアーキテクトコラム

  1. コラム
  2. ITアーキテクトコラム
  3. クラウド案件を通じて感じた、ITアーキテクトに求められる役割の変化

クラウド案件を通じて感じた、ITアーキテクトに求められる役割の変化

2017/09/12

米谷 典比古米谷 典比古

  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • ITアーキテクト概要

私事ですが、ここ数年パブリッククラウド関連の仕事に携わることが多いです。
例えば、Amazon Web Services(AWS)上へのIoT基盤構築案件や、社内システ
ムのMicrosoft Azureへの移行適用検証などです。これらの案件では従来のいわ
ゆるオンプレミス案件とは勝手の違うことも多く、ITアーキテクトに求められる
役割が『変化』してきていると感じています。

そこで、本コラムではクラウド時代のITアーキテクトにどのような役割が求められ
ているかという点について、従来と比較しながらお話ししていきたいと思います。
なお、筆者はインフラの業務に従事しており、そこから得られた知見を中心に書
いておりますが、インフラに限らずアプリケーション開発も含めたITアーキテク
トの業務全般に当てはまるお話として捉えていただければと思います。

これまでのITアーキテクト

まず、ITアーキテクトの役割定義からおさらいしておきます。
ITSSの定義を引用しますと、
「ビジネス及びIT上の課題を分析し、情報システム化要件として再構成する。」
「ハードウェア、ソフトウェア関連技術を活用し、顧客のビジネス戦略を実現す
るために情報システム全体の品質を保ったITアーキテクチャを設計する。」
とあります。
ちなみにこの定義が制定された当時(2000年代半ば)のIT業界では、多数のメン
バーから成るプロジェクトチームを組成し、長い期間を費やすプロジェクトが主
流でした。

こういった大規模プロジェクトにおいて、ITアーキテクトは長期間の開発を乗り
切ることのできる最適なアーキテクチャを選定してきました。
その際、重要となるスキルが「説明責任」と呼ばれるものであり、従来のITアー
キテクトは自身のITスキルや過去の経験を活用してプロジェクトメンバー等の利
害関係者に「なぜ、そのアーキテクチャを選定したのか?」という点について、
工夫を凝らして説明していました。工夫とは例えば、プロトタイプやアーキテク
チャ説明書を作成し、その内容をメンバーに周知させるといったことです。

これからのITアーキテクト

では、クラウド時代のITアーキテクトはどうでしょうか?冒頭で変化と書きまし
たが、ITアーキテクトの役割定義自体に変化は無く、それを実現するための行動
・振る舞いが変わってきているのだと感じています。

昨今では、従来の大規模プロジェクトに替わり小規模・短納期の案件が増加して
います。また、これらの案件の中には、システム要件が明確に定まっておらず開
発途中でも要件を追加・修正しながらシステムをより良いものにしていくタイプ
のものもあります。いわゆるSoE(System Of Engagement)に分類されるシステ
ム開発です。

このような傾向が及ぼす影響を見てみると、短納期の案件では最初からアクセル
全開で臨むことが必須であり、アーキテクチャを説明しメンバーに周知させる時
間が満足に取れないことも珍しくありません。さらに、要件の頻繁な変更に伴い
アーキテクチャも絶えず変化し続けなければならないという課題もあります。

クラウドの活用

こうした変化への対応としてクラウドはまさにうってつけです。必要なときに必
要なだけのリソースをすぐに調達できるというクラウドの特性をフル活用するこ
とで、ITアーキテクトはその時点での最適なアーキテクチャを迅速に提供し続け
ることが可能になるからです。

ここまでの文脈上、クラウドのインフラ部分(IaaS/PaaS)を連想された方が多い
かもしれませんが、必ずしもそれだけではありません。アプリケーション部分に
おいてもクラウドサービスの提供するAPIを活用することで、自分で1からつくり
上げるよりも迅速にアーキテクチャを構築することが可能です。インフラ/アプ
リケーションを問わず、今どきの案件に耐えうるアーキテクチャづくりのために
はクラウドは必要不可欠といえます。

ITアーキテクトは「先導者」へ

最後に、ITアーキテクトの変化について自分なりの見解を述べたいと思います。
従来のITアーキテクトは、アーキテクチャを用いてプロジェクトに関わる利害関係
者を同じ方向を向かせるという役割を担っていました。また、設計や構築が順調に
進んでいくのを見届けて徐々にフェードアウトしていくことが多くありました。

これに対して、これからのITアーキテクトは「先導者」的な役割を担っていくべき
であると感じています。クラウドの活用や最新の技術を取り入れたアーキテクチャ
を切り口としてシステム開発から本稼働までをリードしていく、そんなイメージが
筆者の考えるこれからのITアーキテクト像です。

 

  • ※Amazon Web Services、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の
  •  登録商標又は商標です。
  • ※Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標又は商標です。

著者プロフィール

米谷 典比古

米谷 典比古

コソーシング本部 テクニカルソリューション部 基盤ソリューショングループ

入社後、社内の技術部門で.NETやSQL Serverの開発標準化や案件の技術支援に従事。その後、現在の部署に異動しAWSなどのパブリッククラウドをお客様がインフラとして活用するための提案・構築活動をITアーキテクトとして推進しています。アプリケーションやインフラ、開発や運用といった垣根にとらわれず「お客様にとってベストな形は何か?」という視点で解決策を見出すことを強みとしています。

資料請求・お問い合わせはこちら

インターネットからの資料請求

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業本部03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)