サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

人事コラム

  1. コラム
  2. 人事コラム
  3. 各社人事部門に訪問して

各社人事部門に訪問して

2017/09/22

羽田 和光羽田 和光

  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 働き方改革

私は普段からいろいろな企業の人事担当の方と話しをさせていただいておりますが、その
中で感じたことについて、今回は触れてみたいと思います。

まず、1年ほど前から少しずつ変わってきたと思うことがあります。
それは何かというと、各企業の受付で、採用面接を受けに来ている人をよく見かけるよう
になったということです。
就職活動中の学生から、転職活動中の現役サラリーマンまでさまざまです。

人事部門の方との打合せの中でも、以下のような話しを聞くようになりました。
・なかなか希望する人数が集まらなくなってきた
・これまでは必要な時だけ採用の募集をしていたが、これからはずっと中途採用を続けな
 くてはならない
・大型連休の時には、通常だと工場を停止して一斉に休暇としているが、今年は納期が間
 に合わないので、工場を停止せず従業員も出勤する予定になっている

このような話しを聞くと、私個人としての実感は薄いものの、景気は上向いていると言え
るでしょう。そういえば、先日行われた人事系展示会イベントでも、採用関連のブースが
多くなったと感じました。

今後、各企業としては、いかによい人材を集められるかということに視点がいきそうです
が、従業員の退職といった「人材の流出防止」や、社内での「人材の有効活用」など、今
いる従業員に対して対策を打っていくことも、忘れてはならない重要なポイントになって
きます。

現在、働き方改革の一環として各企業では、従業員の労働時間を減らす努力をしているか
と思います。しかし、その改革を進めるにあたって、人事部門は逆に労働時間が多くなっ
てきてしまっているという話しも聞きます。しばらくの間、人事部門は忙しい日々が続く
のではと感じています。

著者プロフィール

羽田 和光

羽田 和光

サービス事業本部 事業推進グループ チーフマネージャー

人事部経験者の立場から、お客様のお悩みの解決に向けて、お役に立てればと思います。 人事部在籍時には、採用、制度変更、分社化、評価システム構築、新人事システムの選定から導入運用までを経験しています。

資料請求・お問い合わせはこちら

インターネットからの資料請求

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業本部03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)