サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

  1. Java開発の品質向上への取組み

Java開発の品質向上への取組み

さくら Java フレームワーク

 

『さくら Javaフレームワーク』は、Webフレームワークの「SAStruts」、JavaベースのDIコンテナ「Seasar2.4」、O/Rマッパー「S2DAO」・「S2JDBC」をベースに、効率化に有効な機能や部品群を作成しています。

 

また、Groovyをベースにした、さくら情報システム独自のルールエンジンを作り、自動生成ツールの作成を行っています。このルールエンジンによって、各プロジェクトで自動生成ツールの作成も容易になり、それを蓄積・共有し、ブラッシュアップしていくことで、様々なプロジェクトで利用しています。

さくら Java Batch フレームワーク

 

『さくら Java Batchフレームワーク』は、さくら情報システム独自のフレームワークに、JavaベースのDIコンテナ「Seasar2.4」、O/Rマッパー「S2DAO」・「S2JDBC」を組合せ、作られています。

バッチ処理用のフレームワークは数少なく、これまでの豊富な経験の中から確立されたフレームワークで、当社独自に作成しています。

 

※ Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。



資料請求・お問い合わせはこちら

インターネットからの資料請求

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)