さくら情報システム

RPAソリューション SakuRoboRPAソリューション SakuRobo

簡易ロボット設定ツールさくっとロボ
簡易ロボット設定ツールさくっとロボ

「SakuRobo」のサービス

「SakuRobo」のサービス

使い慣れたExcelで、さくっとロボットを動かします!
UiPathとExcelを組み合わせることで、開発期間を短縮し、導入後のメンテナンスを容易にします。
プログラミング経験のないご担当者様でもロボットへの業務指示を簡単に行えるツールです。 

画像
動画

「さくっとロボ」のメリット 「さくっとロボ」のメリット

開発時間を短縮

作業手順の定義と開発を同時に行える 複数の処理をExcelシートをコピーして簡単に設定できる Excel関数を利用した入力値の定義が可能

メンテナンスが簡単

環境に依存する数値を外だしすることができる Selectorが変更となった際に変更が容易

業務担当者でも修正可能

一覧性が高いため処理の内容を把握しやすい 計算処理を省くことで人間の作業に近い形で記述可能

「さくっとロボ」はこんな時活躍します。 「さくっとロボ」はこんな時活躍します。

UiPathワークフローの設定には、Selectorの概念や変数の受け渡しの理解が必要となります。さくっとロボを利用すると、Excelで微調整が可能になるため、メンテナンスが容易になります。

ワークフローの設定が複雑でメンテナンスができない

システムに詳しい人間がロボットを作ってくれたけど、画面オペレーションを少し変えたい。でも、現場では改修方法がよく分からない。

さくっとロボなら、使い慣れたExcelで一覧表示できるため、処理の内容がわかりやすくなります。また、UiPathでプログラムを修正しなくても、Excelを直すだけなので、業務のご担当者様でも簡単に保守ができます。

作り方がバラバラで標準化できない

操作する画面が多くて、ロボットに記録させるだけでも一苦労。
同じ画面でも条件が異なる度に記録させなくてはいけない。

さくっとロボなら、使い慣れたExcelに処理を記述するため、作り方が統一でき、可読性がアップします。また、同じような機能のロボットを複数必要とする場合でも、UiPathでロボットを一から作らなくても、使い慣れたExcelのシートを増やすだけで対応できるので、開発期間を短縮できます。

エラー箇所が見つけにくく、原因追求に時間がかかってしまう

対象画面のURL、タイトル、項目名が変更になった途端、ロボットが動かない。
ワークフロー内の全てのプロパティを編集するのはとても大変。

さくっとロボなら、Excelに定義した作業手順をエラー表示するので、エラーがわかりやすく、原因追及にお時間を取らせません。

さくっとロボはワークフロー全体に適用する必要はなく、一部だけでも適用することができます。例えば画面遷移はUiPathに任せて、画面オペレーションにさくっとロボを適用することで開発者による差異を生むことなく、高い生産性と標準化を実現することが可能となります。

※全ての業務に対応するわけではありません。入力操作などにご利用できます。

「さくっとロボ」は、UiPathライセンス販売に付随する
当社サービスとして販売いたします。サービス価格はライセンス数に応じて、
個別にお見積いたします。お気軽にお問合せください。

03-6757-7211受付時間 平日 9:00~17:30