サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

  1. メインフレームホスティングサービス

メインフレームホスティングサービス

お客様が抱えるシステム運用課題を解決します

サーバ・Web連携といった運用形態の複雑化、技術者の確保、コストバランスの問題など、現在メインフレームを運用する企業の多くが抱えている、さまざまな課題を解決するアウトソーシングサービスです。

ソリューション概要

基幹システムの全部または一部としてメインフレームを稼動させているお客様はまだまだ少なくありません。しかしその一方で、技術者の確保や、その維持費用など、抱える問題もまた多くあるといわれています。

さ くら情報システムでは、これまで45年以上に渡って銀行・金融系システムをはじめとするさまざまな業務システムを、メインフレームで運用してきました。大量のデータを早く正確に処理するその品質と安定感は、オープン系システムが主流となった現在も、サーバシステムとの連携運用など、時代に合わせて進化することで、多くのお客様から高い評価をいただいております。お客様ごとのニーズに合わせてご提供するこのメインフレームホスティングサービスは、さくら情報システムの重要なシステム運用ソリューションの1つです。

特長 導入メリット

ニーズに合わせた最適なアウトソーシング

お客様自らが運用するメインフレームの効率化実現にもっとも効果的なサービスが、ホスティングによる包括的なアウトソーシングです。
システム環境や、ネットワーク、プログラム資産など、クリアしていくべき項目は少なくありませんが、事前の現状調査から、システム移行、稼動後のオペレーション、標準化・改善提案にいたるまで、当社のこれまでの実績とノウハウをベースに、1つひとつ丁寧にお客様と共に解決し、ニーズに合った最適なアウトソーシングサービスをご提供します。

豊富な実績とノウハウ

全国の金融機関、カード会社、保険会社、コンビニエンスストアなど、資金決済系の大量かつ多品種のデータを処理するシステム運用は、さくら情報システムがもっとも多くのノウハウと実績を持つサービスの1つです。
メインフレーム単体で稼動するシステムはもちろんですが、外部とのインターフェイスなど多くのサーバシステムと連携した運用や、アウトプットデータの大量プリント、加工、発送、Web配信といったBPOサービスとの複合処理など、メインフレームを中心としたシステム運用に関する幅広いアウトソーシングサービスをご提供しています。

FISCの安全対策基準にも準拠したデータセンター

メインフレーム環境は、FISC(公益財団法人金融情報システムセンター)の安全対策基準にも準拠にした、東京第1データセンター内にあります。高いセキュリティと信頼のファシリティでお客様の情報システムをお預かりします。

その他 詳細

さくら情報システムが保有するメインフレーム環境の一部をご紹介します。一連の工程はデータセンター内での一貫した処理が可能です。(より詳細な環境はお問い合わせください)

メインフレーム

・富士通 GS21 1400

データドライブ

・仮想テープライブラリ装置、ディスクアレイ装置、CMT装置など多数

プリンタ

・高速カット紙プリンタ、高速NLPプリンタ、帳票加工などをおこなうデータプロセッシングルーム

  • 年末調整Web申告
  • さくら情報システムの強み
  • さくら情報システムのクラウドソリューション
  • さくら情報システムの開発・運用の品質管理

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業代表03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)