サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

  1. SAP ERPアップグレードソリューション

SAP ERPアップグレードソリューション

SAP ERPへのアップグレードは、できなかったことを実現する革新のチャンスです

現行SAPに課題をお持ちのお客様にとって、柔軟かつ強化された機能を持つSAP ERPへのアップグレードは、費用削減と成長の基盤確保に繋がります。さくら情報システムでは、独自のノウハウと専用ツールの活用により、お客様へ影響範囲と作業工数の情報をご提供し、効果的な導入を実現します。

サービス資料のダウンロード・
お問い合わせはこちら

アセスメント~アップグレード~運用

「SAP ERPアップグレードソリューション」の2つの特長

特長1

専用分析ツールによるアセスメント

過去のアップグレードプロジェクトの経験をベースに作成した専用分析ツールを用いて、現行環境におけるアップグレードの影響とアップグレード対応工数を数値化します。

特長2

テストフェーズにおける工数削減を実現

アップグレードプロジェクトでは、アドオン修正・カスタマイズ修正した内容が全ての業務プロセス上影響がないことを確認するためにテストフェーズでの工数が増大する傾向があります。当社ソリューションでは過去プロジェクトのノウハウやテストツールを活用することにより、テストフェーズにおける工数削減を実現します。

「SAP ERPアップグレードソリューション」が選ばれる理由

アセスメント結果を定量化し、影響把握と洞察を明示

当社のアップグレードノウハウと専用分析ツールの利用により、アップグレード対応工数を数値化します。課題も可視化されることで、対応方針の決定と影響調査結果の確認が明確に行えます。これらの情報を元にアップグレード実施の確信を深めていただけるよう資料をご提供いたします。

サービス資料のダウンロード・
お問い合わせはこちら

「SAP ERPアップグレードソリューション」で提供する主なサービス

アセスメント(現状調査)

当社のアップグレードに関するノウハウと独自開発した専用分析ツールを活用することにより、アップグレードを実施した場合の影響範囲、開発規模を明確にします。

3種類のアップグレードシナリオ

1.技術アップグレード
SAP(旧環境)からSAP ERP(新環境)への技術的な移行のみで使用モジュールなどの変更は行いません。パッケージ仕様として改善された機能を利用することを目的にバージョンアップを行います。

2.機能アップグレード
技術アップグレードに加えて、現状導入を行っていないモジュールを新たに適用します。 複雑化しているシステム間連携(インターフェース)を解消することができ、さらにはリアルタイムでのデータ連携を実現します。

3.戦略的業務改善
現行システム環境を見直し、業務プロセスを再構築することで業務改善を促進させます。

  • SAP ERPの機能をフル活用した新業務フローの構築
  • SAPソリューションの業務領域拡大
  • 企業システム環境の最適化
画像:3種類のアップグレードシナリオ
3種類のアップグレードシナリオ

よくあるご質問

現状調査(アセスメント)だけをお願いできますか?

はい可能です。ご相談ください。

アセスメント期間はどれくらいですか?

アップグレード対象範囲にもよりますが、1ヶ月~3ヶ月間ほどになります。

  • 年末調整Web申告
  • さくら情報システムの強み
  • さくら情報システムのクラウドソリューション
  • さくら情報システムの開発・運用の品質管理

サービス資料のダウンロード・
お問い合わせはこちら

デモのご希望やお見積など、
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

営業代表03-6757-7211 03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)