サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

  1. 国際財務報告基準(IFRS)ソリューション

国際財務報告基準(IFRS)ソリューション

IFRS適用に向け、トータルな支援を提供します

IFRSの適用に向け、その影響範囲の特定や具体的な対応方針の策定などの「構想フェーズ」、その構想に基づいた会計システムを中心とした「実装フェーズ」、さらに、グループ全般にわたるシステムの「運用フェーズ」まで、一連のフェーズをトータルにご支援いたします。

こんなお悩み・ご要望をお持ちの方におすすめいたします

  • IFRSの全体像を把握し、課題を網羅的に洗い出したい
  • 経営層・経理部門など企業グループ全体の理解度を向上させたい
  • IFRSを見据えたグループ全般の経営管理基盤を検討したい

ソリューション概要

今般のIFRS適用は、単なる会計制度の変更に留まらず、企業グループの本質、経営管理スタイルそのものが問われていると認識しています。このような経営課題に対し、さくら情報システムでは、企業グループのフレームワークの策定から、その具現化、さらには、その効率的な運用に到るまでの各ステージを、全方位で展開するサービスを整備しています。

短期適合性診断

IFRS導入に際し、まずどのくらいの対応が必要か、現状とのギャップや影響範囲などを把握する必要があります。簡易適合診断を行うことで、スケジュール感や規模感を把握することができます。

  • ※ 基本計画策定支援、IFRS導入支援、IFRS移行支援、決算業務支援等は、含みません。

プライベートセミナー

IFRSを導入していくには、経理、管理会計、法務、人事、システム担当、経営企画などさまざまな部署にも関係があり、会社全体の取り組みが必要不可欠です。経営陣の関与と会社組織間の共通認識の上で、進めていく必要があります。


一般的なセミナーでは、

  • テーマが網羅的で一つ一つの内容が物足りない
  • 具体的な経理業務まで踏み込めていない
  • 業種特性や企業特性が考慮されていない
  • レベル感が合わない
  • 質問ができない

など問題がありますが、お客様独自のセミナーを開催し、細かなご要望にお答えします。

連結経営ソリューション

IFRSの適用には、グループ全体のプロセス・システム統一などを行い、プロセスの可視化を実現させることが必要となります。グループ各社とのインターフェースを含め、グループ経営管理基盤を構築し、グループ視点で、セグメント単位のマネジメントアプローチ、リスク管理、時価評価などを実現することが可能になります。

グループ統合会計ソリューション

連結経営の目指すべき管理基盤は、一定レベルのガバナンスが担保された上で、事業の変化や再編に柔軟な対応が可能な管理体系が整っている基盤です。それには、グループ各社の個別レベルの会計業務を、統一的なプロセス及びマネジメント体系で運営するグループ統合会計が必要となります。
グループ共通のテンプレートを用意し、それをベースにすることで、統一的な指標での企業グループ運営が可能となり、シェアードサービスを含めた効率的な展開も可能になります。

  • さくら情報システムの強み
  • さくら情報システムのクラウドソリューション
  • さくら情報システムの開発・運用の品質管理

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業本部03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)