MENU

 

FAQ

Webアプリケーション脆弱性診断サービス

導入時のよくあるご質問

脆弱性診断の期間を教えてください。

ツール診断の場合、25リクエストで3~5営業日の診断作業を想定しております。
なお、診断対象の規模や機能の複雑さ、脆弱性の検出状況などの診断環境の条件に左右されるため、上記はあくまでも目安としてお考えください。

診断サービスはどのような流れで進められますか?

現状分析→診断実施→報告(資料作成と報告会)→質疑応答で進みます。

診断結果の報告を受けた後、質問はいつまでできますか?

報告会実施から30日間は、診断対象や検出した脆弱性についてのご質問を受け付けます。

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断サービス

導入時のよくあるご質問

脆弱性診断の期間を教えてください。

1日に診断可能な画面数は3画面程度です。複数要員で診断するなど、並行作業が可能な場合は、期間短縮できる場合があります。

診断サービスはどのような流れで進められますか?

現状分析→診断実施→報告(資料作成と報告会)→質疑応答で進みます。

WebAPI脆弱性診断サービス

導入時のよくあるご質問

脆弱性診断の期間を教えてください。

1日に診断可能なAPI数は2です。処理の複雑さによって診断日数は多少前後いたします。

ネットワーク脆弱性診断サービス

導入時のよくあるご質問

1日あたりの診断IP数を教えてください。

1日で診断可能なIP数は3IPまでです。

サーバに負荷がかかる作業はありますか?

診断対象サーバに意図的に負荷をかけるようなDDos攻撃等は実施しないため、サーバへの影響は基本的にはございません。平日日中に本診断サービスをご利用いただいております。

診断サービスはどのような流れで進められますか?

現状分析→診断実施→報告(資料作成と報告会)→質疑応答で進みます。

ネットワーク脆弱性診断ライト

導入時のよくあるご質問

1日あたりの診断IP数を教えてください。

1日で診断可能なIP数は3IPまでです。

サーバに負荷がかかる作業はありますか?

診断対象サーバに意図的に負荷をかけるようなDDos攻撃等は実施しないため、サーバへの影響は基本的にはございません。平日日中に本診断サービスをご利用いただいております。

診断サービスはどのような流れで進められますか?

現状分析→診断実施→報告(資料作成、メール送付)で進みます。

Webアプリケーション脆弱性検査ツール「VEX」

導入時のよくあるご質問

導入前に試行したいのですが、可能でしょうか?

可能です。お試しライセンス発行用のお申込書を準備しておりますので、そちらにてお申込みいただけます。