サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

役員コラム

  1. コラム
  2. 役員コラム
  3. プロジェクトマネジャーという仕事の魅力(前編)

プロジェクトマネジャーという仕事の魅力(前編)

2017/08/29

鍵川 毅鍵川 毅

  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • プロジェクト

プロジェクトマネージャーという仕事が持つ魅力について、前編・後編の2回に分
けてお話ししたいと思います。

IT業界での職種の一つにプロジェクトマネージャーという職種があります。皆さん
もご存知かと思いますが、ITシステムを構築する際にはプロジェクトを組成し、組
織としてシステム構築を遂行するケースが多くあります。そのプロジェクトを船旅
に例えるのであれば、船長に相当する役目を担うのがプロジェクトマネージャーで
す。
私自身は多くのプロジェクトにて、このプロジェクトマネージャーの役割を担って
きましたが、その職種の奥深い魅力に嵌まった一人と言えるでしょう。

ではプロジェクトマネージャーの何が、そんなに魅力的なのでしょうか?

魅力のひとつを挙げると、その圧倒的な達成感です。最近は期間の短いプロジェク
トも多いのですが、数ヶ月間、時には1年以上の期間をかけて構築したシステムが
無事稼働した時の達成感は他では経験できるものでは無いと思います。プロジェク
トは一般的に計画段階から始まり実行段階を経て運用段階へと変遷しますが、その
過程で最も達成感を得られるのは初稼働の時です。計画段階において外部からの与
件やリスクなど諸々の要素を考慮しても実行段階でさまざまな課題に直面し、計画
の変更を余儀なくされる事がたびたび発生します。その様な多くの困難を乗り越え
た先にようやく辿り着くゴールが初稼働なのです。自身の経験を振り返ると、難易
度が高ければ高い程「なんとかして成し遂げたい」という気持ちに駆られ、プロジェ
クト完遂の暁にはより大きな達成感を得たと記憶しています。心理学的にはこのよ
うな「なんとかして成し遂げたい」という心理を「達成動機」と呼ぶそうです。

達成動機とは心理学者J.W.Atkinsonによって定義された「目的を成し遂げたい」と
いう動機の事です。この動機の強さは以下の要因にて決定されると提唱されていま
す。

達成動機の強さ = 動機 × 主観的成功確率 × 目標の魅力・誘因

私は「この式は含蓄に富んでいるな〜」と感心します。特に客観的成功確率ではな
く主観的成功確率となっている所が重要な示唆だと感じます。

話を本題に戻しましょう。
コラム冒頭にてプロジェクトマネージャーを船長に例えましたが、単独航海中の船
長権限は絶対であっても、港に停泊中又は艦隊として行動中の船長は必ずしも唯一
の指揮権保有者ではありません。同様にプロジェクトにおけるプロジェクトマネー
ジャーはプロジェクト遂行に関する職務権限を有しますが、そのマネージャーの監
督者がプロジェクトの外部に存在します。つまりプロジェクトマネージャーといえ
ども所詮、中間管理職なのです。

後編に続く。

著者プロフィール

鍵川 毅

鍵川 毅

エグゼクティブフェロー

都市銀行の勘定系システムから大手電気機器製造業の製販システムなど、多岐に渡る業種のシステム開発を担当してきました。現在は、エグゼクティブフェローとして、主に大規模プロジェクトの統合マネージメント・品質管理マネージメントを担当し、SCMソリューションに関する研究活動に従事しております。

資料請求・お問い合わせはこちら

インターネットからの資料請求

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業本部03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)