サイト内検索

閉じる閉じる

サイト内検索

閉じる

  1. 災害復旧支援モバイル報告システム「DRESS」(ドレス)

災害復旧支援モバイル報告システム「DRESS」(ドレス)

災害発生後のライフライン復旧作業結果をその場で報告

災害発生後、さまざまな情報が錯綜している中で、インフラ事業者様が復旧作業を円滑に進めるためには、現場からタイムリーかつ正確な情報を収集することが必須です。
「DRESS」は携帯電話・スマートフォンで被災現場から状況を報告できるようにすることで、これまでの作業票、訪問カードといった「紙ベース」による報告、手集計による作業負荷を低減し、より迅速な復旧活動を支援するシステムです。

こんなお悩み・ご要望をお持ちの方におすすめいたします

  • ライフライン復旧作業結果を手間をかけずにに報告したい
  • 復旧活動の進捗状況をタイムリーに把握・報告したい
  • 復旧作業全体をより迅速に完了させたい

ソリューション概要

復旧作業結果を携帯電話・スマートフォンからその場で報告

災害復旧支援モバイル報告システム「DRESS」(※1)とは、災害発生時の復旧作業の結果報告を携帯電話・スマートフォンからその場でリアルタイムに実施し、作業の効率化や負荷の軽減、より正確な復旧状況の把握を実現するシステムです。

 災害復旧支援モバイル報告システムイメージ

1.お客さま情報登録 
復旧対象となるメーター設置場所(供給場所)およびお客さま名などを事前に登録します。
2.作業結果報告
普段お使いの携帯電話・スマートフォンから利用可能、特別なアプリのインストールなどは不要です。 
3.作業結果情報ダウンロード
作業結果はCSV形式でダウンロード可能、集計などの2次加工も容易です。

 

  • ※1 「DRESS」は、東京ガス株式会社様が導入された災害復旧支援モバイル報告システム(通称:TG-DRESS)を、他の事業者様でも利用可能な形態として、さくら情報システムが販売するものです。尚、「DRESS」にかかる著作権は東京ガス株式会社様に帰属します。

特長 導入メリット

復旧作業の報告・集計作業にかかる負荷を飛躍的に軽減します

災害発生直後の混乱時において迅速かつ確実に復旧作業を進めるためには、実際の復旧作業以外の報告・集計作業をいかに省力化できるかが重要なテーマとなります。
「DRESS」はこの報告・集計作業の負荷を軽減し、復旧までに要する時間を短縮する目的で開発されました。

特別な知識・操作は不要、作業結果をすぐ・その場で報告できます

「DRESS」の画面構成・操作方法は非常にシンプルで、自社員以外の応援者など、初めて利用する人でもすぐに操作可能です。また、報告用の専用端末などは一切不要、普段お使いの携帯電話・スマートフォン(※2)から報告が可能です。

 

機種に依存しない、誰でも利用できる非常にシンプルなデザイン・報告操作

携帯電話・スマートフォンの画面イメージ

 

  • ※2 一部ご利用になれない機種があります

膨大な紙ベースでの作業結果集計作業から開放されます

作業結果が記載された膨大な量の「作業票」「訪問カード」を集計・把握する負荷は非常に高く、復旧状況を迅速かつ正確に把握することの大きな弊害となります。DRESSに報告された作業結果は、逐次CSVファイルでダウンロード可能となり、任意の時点で復旧件数・作業結果を集計することができます。

その他 詳細

柔軟なカスタマイズ導入が可能

DRESSの報告項目、内容およびDRESS周辺のシステム連携については柔軟にカスタマイズ対応が可能です。
また、システムの運用もさくら情報システムにお任せください。(ご要望に応じ、お客様側にサーバーを設置し運用することも可能です)

お客様の基幹システムとの連携も容易

DRESSを利用するのに必要なメーター情報のアップロードや、作業結果のダウンロードはCSVファイルにて対応できますので、お客様の基幹システムからのデータ抽出・取り込みといった連携が容易です。

関連する業種

お問い合わせはこちら

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業代表03-6757-7211

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)