MENU

 

業務支援SOLUTION

東南アジア支店・現地法人向け
クラウド型文書管理システム

eDocument Management System (eDMS)

さくら情報システムの設立30年を迎えたシンガポール現地法人が提供する
企業内の文書情報を安全に管理・活用するシステムです

  • 金融
  • エネルギー
  • 製造
  • 建設・不動産
  • 流通
  • 通信・サービス
  • 官公庁
  • 学校・教育
  • 社団法人・財団法人
  • クラウド

業務支援ソリューションが
解決する課題

  • コスト削減

  • 業務標準化・効率化

  • ペーパーレス化

ABOUT

eDocument Management System (eDMS)は、企業内の文書情報を安全に管理・活用し、ペーパーレスと生産性向上を促進する
クラウド型文書管理システムです。これまでの紙媒体の文書管理では、
「必要な書類がすぐに見つからない」「書類の保管に場所をとられる」「書類の紛失リスクがある」
などの問題が指摘されてきました。

文書の作成・管理を紙からシステムに変えて、保管場所の制約からの解放・紛失防止・文書作成にかかる時間の短縮など、
コスト削減・業務効率化を実現することが可能です。また、データ化された文書を活用することで、
申請・承認のワークフロー管理、進捗管理、分析など、さまざまなビジネスシーンで可能性を広げます。

さくら情報システムの設立30年を迎えたシンガポール現地法人が、お客様のニーズに合わせた最適な文書管理システムをご提案します。

FEATURES

ペーパーレスで業務効率化

手書きの定型書類をPC入力し、システム管理することで、作成時間を短縮し人的ミスを防ぎます。例えば、見積書から納品書・請求書へ参照登録することで文書同士の関連付けができ、紙で管理するより効率的に作業を行えます。
また、紙で行われていた申請・承認フローをシステム化することで、生産性向上を可能にします。

  • ペーパーレスで文書の作成時間を短縮
  • 文書作成の人的ミスを防止
  • 文書の申請・承認をワークフロー化することで生産性アップ

どこでも利用可能

インターネット接続環境さえあれば、どこからでも利用可能です。現場、出張先、自宅などでも業務継続が可能です。

  • どこでも利用可能(現場、出張先、自宅など)
  • PC、スマホ、タブレットから利用可能

お客様のニーズに合わせてカスタマイズ可能

基本機能のほか、お客様のニーズに合わせて各種機能のカスタマイズが可能です。

  • ワークフローによる申請・承認
  • 文書へのアクセスコントロール
  • 文書間の関連付けと自動参照登録
  • リスト機能/レポート機能
  • メール通知/トップページ通知

etc

FUNCTION

拡張性の高いクラウドストレージを使用

追加増築が比較的容易なクラウドストレージで電子文書の保管・管理が可能です。(1TBより)

ワークフロー機能

紙媒体で行われていた申請・承認フローをシステム化します。申請・承認業務に費やしていた時間を大幅に削減することができ、生産性を向上させます。

セキュリティ

ログイン認証によりユーザー毎にドキュメン トへのアクセス権をコントロールします。

文書管理

従来の業務で使用しているWord、 Excel 、PowerPoint 、PDFファイルなどが登録でき、そのまま使用できます。

検索機能

ファイル名や文書の作成日など、最大8つのキーワードでドキュメントの検索が可能です。必要な文書にすばやくアクセスすることができます。

QRコードによる紙文書トラッキング

見積書の顧客署名など、紙文書ベースでのプロセスが含まれる場合もQRコードを活用することでシステム上のデータとリンクさせることが可能です。

Office365との連携(オプション機能)

eDMSで休暇申請のワークフローを構築する場合、承認された休暇がOffice365上の予定表に自動反映されるよう連携することが可能です。
また、販売管理を構築する場合、顧客からサイン済みの見積書が添付されたeメールをOffice365で受信すると、eDMS上で案件ステータスを受注に自動更新し、関係者に通知することが出来ます。

※ Office 365、Excel、Word、Power Pointは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

PLAN

PERFORMANCE

導入業種実績

  • 金融
  • エネルギー
  • 製造
  • 建設・不動産
  • 流通
  • 通信・サービス
  • 学校・教育
  • 官公庁
  • 社団法人・
    財団法人

CASE STUDY

FAQ

導入時のよくあるご質問

    利用者向けよくあるご質問

      EVENT・SEMINAR

      ソリューションについて
      詳しく