MENU

 

業務支援 SOLUTION

AI-OCR「DX Suite」
導入ソリューション

国内AI-OCR市場シェアNo.1製品!
日々進化し高精度にデータ化する「DX Suite」の
導入からRPA連携までサポート

  • 金融
  • エネルギー
  • 製造
  • 建設・不動産
  • 流通
  • 通信・サービス
  • 官公庁
  • 学校・教育
  • 社団法人・財団法人
  • 財務会計
  • 管理会計
  • 働き方改革
  • 人事
  • 給与
  • 就業管理
  • BPO
  • クラウド
  • RPA

業務支援ソリューションが
解決する課題

  • コスト削減

  • 業務標準化・効率化

  • BCP対策強化

  • IT運用・保守負荷軽減

  • 業務の属人化

  • ペーパーレス化

  • 業務の精度アップ

ABOUT

シンプルな画面で直感的に操作できるAI-OCR「DX Suite」※1の導入から
当社RPAソリューション「SakuRobo」との連携による業務自動化の実現まで丁寧にサポートいたします。

※1 「DX Suite」はAI inside 株式会社の登録商標です。また、「DX Suite」は国内AI-OCR市場シェアNo.1製品※2です。
※2 株式会社ミック経済研究所2020年2月発刊「AI OCRで拡大する OCRソリューション市場動向 2020年度版」
AI OCRソリューションベンダーの売上・シェア 2019年度見込(クラウド)


AI-OCR×RPA利用イメージ

請求書などの書類を受領後、スキャン。 その後はAI-OCRとRPAで業務の自動化・効率化を実現できます。

FEATURES

業務効率化を促進

手書き文字や帳票などを電子化することで、データ入力する手間や時間を削減し、生産性が向上します。

  • 企業の生産性を高めるAI技術を使ったOCRサービス
  • 人件費削減および業務改革の促進

国内AI-OCRシェアNo.1の「DX Suite」で
データ入力業務の人的ミスを防止

  • 高い読み取り精度
  • 簡単な操作性
  • クラウドサービスでブラウザがあれば利用できる

AI-OCR×RPAでさらに業務効率アップ

  • RPAと連携することでさらに業務効率アップ
  • 重要なデータは人の目によるチェックを入れることも可能

FUNCTION

AI-OCR「DX Suite」の導入

販売パートナーとして、お客様の帳票タイプやご利用シーンをお伺いし「DX Suite」をご紹介いたします。

solution_id130_img02.png

Intelligent OCR

これが、AI-OCR

手書き、PDFFAX、写真で撮った書類まで、あらゆる書類を、高精度でデジタルデータ化

Elastic Sorter

仕分けも、AIでかしこく

まとめてアップロードした複数の書類を、種類ごとに自動で仕分け可能

Multi Form

非定型帳票の読み取りが可能に

AIが読み取り位置を自動判定、帳票設定は不要
請求書/領収書/レシート/給与支払報告書/住民票等に対応

AI-OCR×RPAソリューション

DX Suite」で読み取った帳票データはCSVデータとしてダウンロードが可能です。
データ化後は、RPA製品の「UiPath」※にて当社ノウハウと共にお客様の目指す自動化の実現をサポートいたします。

※UiPathは、UiPath株式会社の登録商標です。

PLAN

PERFORMANCE

  • 「DX Suite」の導入実績

    12,700

    DX Suite は業種、業態、企業規模を問わず、あらゆるお客様にご利用いただいております。
    ※2020年9月末時点、AI inside 社のDX Suite 全体の導入件数です。
  • 国内AI-OCR市場シェア

    No.1

    「DX Suite」はAI-OCR市場において、64%という圧倒的なシェアを誇っています。
    ※株式会社ミック経済研究所2020年2月発刊「AI OCRで拡大する OCRソリューション市場動向 2020年度版」
    AI OCRソリューションベンダーの売上・シェア 2019年度見込(クラウド)

導入業種実績

  • 金融
  • エネルギー
  • 製造
  • 建設・不動産
  • 流通
  • 通信・サービス
  • 学校・教育
  • 官公庁
  • 社団法人・
    財団法人

CASE STUDY

FAQ

導入時のよくあるご質問

    利用者向けよくあるご質問

      EVENT・SEMINAR

      ソリューションについて
      詳しく

      RECOMMEND